【資産運用】速報!予想外の展開?「みんなのクレジット」から分配金の入金を確認した。

お金のはなし
スポンサーリンク

どもです。ポンコツ@親父(@xxxtks1969xxx)です

 

Amazonの「サイバーマンデー」会場を徘徊していたところ、予想外に「みんなのクレジット」から【償還及び配当還付のお知らせ】が届きました。

 

速報的に綴ります。

 

みんなのクレジットからのお知らせ

 

先月末に調停が整わず、(それが原因か否かは不明であるが)11月の配当が無かった訳ですが・・・

 

 

予想外に、先ほど「みんなのクレジット」からのmailを受け取ったところです。

 

 

〇〇〇〇 様

【償還及び配当還付のお知らせ】

11月28日に償還を迎えました31号、41号、48号、50号、62号、66号及び71号の【第二案件】に関しましては、貸付先からの元本の償還を実施いたしました。
また、31号、41号、48号、50号、62号、66号、71号および108号の【第一案件】は未償還、その他の全てのファンドの11月分の償還・配当は終了いたしました。
投資家の皆様には、11月分の償還並びに配当が遅れました事に深くお詫び申し上げます。

 

例によって、第一案件は未償還であるが、第二案件と配当は遅れたが償還したとの内容でした。

 

その後、みんなのクレジットからはもう1通のmailが届きました。

 

mailを開いてみたところ、ギッシリと長文が書き込まれていましたので、以前のように暗号解読をしてみようかと思っています。

 

今までの経緯等々の復習の感じでしたがね・・・暗号解読を行った際には、ブログに綴ろうかと思っています。

 

分配金の確認

 

気を取り直して、マイページにログインし、確認してみたところ、確かに10日程度遅れて、11月分の分配金が入金されていました。

 

 

遡って、11月分の配当は税金を差し引いて1,319円でした。

 

償還がなされた案件については、第二案件のみの償還ってのは気になりますが・・・

 

一応、遅れたものの分配金が払い込まれることは、ありがたいことと思っています。

 

今月のまとめ

 

調停が流れた後、「みんなのクレジット」は融資先への貸付金返還請求の訴訟を提起するとの内容だったと記憶しています。

 

 

調停が決裂した後は、「みんなのクレジット」から情報が入ってこない状況です。

 

もしかすると、その後の詳細については、後で送付されてきたmailに示されているのかもしれませんが・・・

 

ギッシリ書いてあったため、この土日にでもゆっくりと内容を把握しようかと思っています。

 

とりあえず、今月末の分配金のお知らせが送られてくることを期待しておこう。

 

例によってしばらくは元本の償還予定が無いため、明日は我が身と思いながらも引き続き、ひたすら毎月の分配金の振り込みを待って、来るべく日まで待たざるを得ない。

 

さて、年末以降はどうなることやら・・・

 

 

 

 

コメント

  1. 今野 より:

    本当にみんクレ、白石には騙された。
    本来の投資で負けたなら自己責任だからそれは仕方ないが、
    この件は明らかに詐欺である。
    現時点における債権全額の回収は困難とは何事か!!ふざけるにもほどがある。
    担保に関しても、当初の保全率とは全く違って、10何%とのこと、詐欺ではないか!
    サービサーに債権譲渡もあり得るとのこと、投資者を馬鹿にするな。そんなことをして何%投資者に還元できるんだ?
    キャンペーンをいろいろはって、金集めしてこの結果はないだろ。みんクレ、白石は罰を受けなければならない!
    サービサーに債権譲渡されたら終わりです。
    その前に何か我々ができることないですかね?
    金融庁、消費者庁、警察、国民生活センターなどに相談、通報してみるのも一つの方法かな。

    • tkstks1969 より:

      分配の連絡の後のお知らせについては、驚く内容でしたね。
      最初に居資金が滞り始めたきっかけって言われていた、甲グループに接触した投資家の存在はどこに行ったのでしょうね・・・
      そもそも投資先を偽っていたこと自体が詐欺にあたるのかどうか・・・個人的にはグレーとは思っています。
      サービサーに債権譲渡されると、10数%といわれていた保全率すら守られないかと思っています。
      さて、今後の展開を見つつ・・・どうするかを考えたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。