【資産運用】朗報。楽ラップがついに積立を開始したようですね。

お金のはなし
スポンサーリンク

どもです。ポンコツ@親父@xxxtks1969xxxです。

 

ロボアドバイザーでの運用についてですが・・・

 

6月からWealthNavi、THEOと楽ラップをほぼ同程度のポートフォリオを設定した状況で利用を開始しています。

 

各々、30万円、20万円、10万円からスタートしてみました。

 

利益率が高く、効果的な結果を出しているところにソーシャルレンディングの分配金を入れたりした結果、現在のところ、WealthNaviが37万円、THEOが23万円、楽ラップが10万円での運用を行っています。

 

そもそも「楽ラップ」とは??

 

今回は楽ラップに関する内容なので、改めて楽ラップについて綴りますが・・・

 

楽ラップは、楽天証券が2016年から開始している投資一任型の運用サービスです。

 

専用のサイトによると、

 

  • 投資の「面倒くさい」をなくします
  • 運用の「心配や不安」をなくします
  • 管理の「わずらわしさ」をなくします
  • 世界で活躍する投資のプロ達と協業

 

とのことです。

 

まぁ、4番目はさておき・・・3つのなくしますがHP上には書かれています。

 

簡単に言うと、投資一任型運用サービスであり、基本的にはロボアドバイザーに運用を任せているので、運用の不安やわずらわしさを省いたサービスで、かつ手数料も押さえていますってのがウリのようです。

 

手数料は固定報酬型と成功報酬併用型の2つがあって、それぞれ

 

固定報酬型:年率0.990%

成功報酬併用型:年率0.882%+運用益積み上げ額×5.40%

 

程度を上限目標値にしてあるとのことです。

 

ちなみにポンコツ@親父は固定報酬型を選択しています。

 

楽ラップに久しぶりにアクセスしてみたところ・・・

 

普段は楽ラップにログインすることも無いんだけど、たまたまログインしてみたところ・・・何となく違和感があって、よく見ると「積立(自動増額)」の表示が加わっていました。

 

ちなみに、以前はこんな感じでした。

 

見比べると、一目瞭然ですね。

 

いつから積立(自動増額)が可能になったのかを調べてみたところ・・・

 

どうやら積立(自動増額)の対応を開始したのが11月12日のようですね。

 

対応後、2週間程度経過した状態で気が付くってのは・・・投資家としてはアンテナの感度が低くってダメですね。反省文…_φ(・ω・` )カキカキ

 

もう少し、アンテナを高く張って、世の中の情報に機敏に反応しないと・・・って事ですかね。

 

積立(自動増額)の条件とは

 

楽ラップからのお知らせを確認したところ、自動増額の積み立ては毎月1万円以上、1円単位で設定が出来るようです。

 

積立指定日は毎月10日か25日のいずれからか選択が可能となっており、その他は積立指定日や積立金額の変更も柔軟に対応されるようですね。

 

確かに、積立を行えば、投資のタイミングを気にせずに、淡々と投資を行うことが可能となり、市場とは異なりマイルールでの投資が可能となるので、長期で資産運用を行い成果を出すにはメリットとなるかと思われます。

 

まとめ

 

楽ラップが自動増額に対応したことにより、WealthNavi、THEO、楽ラップは同様の仕様となり、差別化がますます難しくなりました。

 

なるべく同じ条件で、各社の利益率の差がどうなるのか・・・興味深い内容だと思っています。

 

今のところは、WealthNavi⇒THEO⇒楽ラップの順序で利益率が出ていますが、来月以降はどうなるか・・・ちょっと楽しみですww

 

さて、どうなることやら・・・

 

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。