【資産運用】個人型確定拠出年金の払込証明書が届く・2017年

お金のはなし
スポンサーリンク

どもです。ポンコツ@親父(@xxxtks1969xxx)です

 

例年、10月から11月は・・・

 

10月中旬~11月中旬は、サラリーマンは年末調整の資料提出の時期ですね(´・ω・`)

 

例年の事なんですが、保険料金の支払い証明等々をまとめて、計算して・・・面倒な時期です。

 

さて、ポンコツ@親父は今年から手続きをはじめたため、今年からはいつもの保険料金の支払い証明とは別に個人型確定拠出年金に関する手続きも必要となりました。

 

でもって、昨日、国民年金基金連合会から、個人型確定拠出年金の払込証明書がやっと届きました。

 

今年は、とりあえず毎月10,000円を積み立てており、今年の累計は100,000円となる予定です。

 

個人型確定拠出年金の最大のメリット

 

個人型確定拠出年金のメリットは、その全額が所得控除の対象となることです。

 

イデコガイドより

 

例えば、毎月の掛け金が1万円とした場合、所得税(10%)と住民税(10%)が全額税制優遇(20%)されるって事は、これだけで、単純に考えると年間12万円の掛け金に対し2万4千円の節税・・・

 

40台後半のポンコツ@親父としては、12万円×10数年の貯蓄に2万4千円×10数年の節税効果・・・

 

年間12万円の投資に対し、20%の金利と考えると物凄いリターンです^^

 

この美味しいリターンを得る(所得控除を受けるため)には、この証明書が必要となります。

 

証明書で証明されているのは2017年10月17日時点、すなわち1~9月分であり、10~12月分は「予定金額」として記載されています。

 

初めての手続きなので、多少は間違って怒られる可能性も無きにしも非ずだが・・・

 

さて、どうなることやら・・・

 

 

 

 

ちなみに、国民年金を納付していなければ、個人型確定拠出年金への拠出ができませんのでご注意を・・・

 

証明書の裏面にも明記されていますので、国民年金の納付漏れには注意が必要です。

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。