【電気圧力鍋】我が家に電気圧力鍋がやってきたww

日々のはなし
スポンサーリンク

きっかけは、ドラマからです。

そう、この正月に放送された「逃げるが恥だが役に立つ ガンバレ人類! 新春スペシャル!!」です。

 

この作品の中で、電気圧力鍋を使って料理をするシーンがあるんですが・・・

 

そのシーンに妻が反応しましたww

 

「あれが欲しい!!」と・・・

 

ちなみに、「逃げるが恥だが役に立つ」とは

 

逃げるは恥だが役に立つ』(にげるははじだがやくにたつ、ハンガリー語: Szégyen a futás, de hasznos.)は、海野つなみによる日本の漫画作品。『Kiss』(講談社)にて2012年22号より連載を開始し、2017年2月号まで連載された。その後、人気にこたえる形で2019年3月号から連載を再開し、2020年4月号まで連載された。略称は「逃げ恥」(にげはじ)。

海野にとっては『回転銀河』以来の現代もので、主人公二人の“契約結婚”を軸に、様々な男女間の社会問題を織り交ぜたラブコメディとなっている。タイトルの「逃げるは恥だが役に立つ」は、ハンガリーのことわざ「Szégyen a futás, de hasznos.」の和訳で「恥ずかしい逃げ方だったとしても生き抜くことが大切」の意味。各話サブタイトルもことわざや故事成語である。

2015年、第39回講談社漫画賞・少女部門受賞。2020年9月時点で累計発行部数は420万部を突破している。

2016年にTBSテレビ系でテレビドラマ化された。また、2019年に朗読劇として舞台化された。

 

Wikipediaより

昨年の緊急事態宣言の頃、再放送していましたね。

 

それから電気圧力鍋を色々と吟味してみました・・・

昔のイメージはごっつい蓋を鍋にロックして、ガスコンロに置いて、何かがクルクル回って蒸気を出すって感じですが、ネットを中心に調べてみると、最近の電気圧力鍋って、結構スタイリッシュでオシャレさんなんですね。

 

メーカーも色々あって、容量も1~3人分だと2L、それ以上は4Lなんて目安があったり、なかなかですね。

 

まぁ、今回は「あれが欲しい!!」だったので、選択の余地はありませんでしたけどね^^

 

一応、メーカーのHPも確認しました

Sirocaって会社は、申し訳ないけど、電気圧力鍋を調べるうちに知ったメーカーです。

 

HPを見ると、色々な商品が掲載してあり、オシャレですね。

 

で、問題は何色にするかってことです。ドラマに登場していたのは「白」なんですが、製品を調べてみると、白の他にも3色展開されていました。

 

ドラマのイメージからすると、当然のように「白」を選びそうなのですが、汚れが目立ちそうなので、今回は「白」ではなく、「黒」をチョイスしてみました。

 

届いた品を開封してみる

 

とりあえず、お約束ですねww

箱を開けてみると

頑丈に梱包されていました。

 

一番上は予備のパッキンとのこと・・説明書によると半年~1年で交換のようです。

 

トリセツとレシピ集です。

 

SirocaのHPには、添付されたもの以外のレシピが掲載されているので、どんな料理が作られるか・・・なかなか楽しみです。

本体を開いたところ、計量カップや電気コード、蒸し台が入っていました。

 

そして最後に本体です・・・。噂の電気圧力鍋です。

妻曰く、この休日からボチボチ使い始めるとの事でした。

 

まとめ

新年早々にドラマ見て、そこに登場した電気圧力鍋を勢いで買っちゃいましたって話ですww

 

まぁ、手ごろな価格だったので、即決しました。

 

調理時間が短縮できるようなイメージはありますが、何だかんだで大きくは変わらないのかと・・・その代わり料理はより一層、美味しく出来上がるでしょうから、これを使った料理を早く食べてみたいと思ったりしていますww

 

とりあえず、米でも炊いてみますかww

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク先には色々な情報に関するブログがありますので、参考になると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ

スポンサーリンク

 

コメント