【資産運用】20200514maneoから「債権回収に関する報告」が届いていた・・・

お金のはなし
スポンサーリンク

前回の報告から1ヵ月が経過しました。

緊急事態宣言もほとんどの県で解除されましたが、第2波が押し寄せるのでしょうかね??

 

何となく自粛疲れで気分も緩みがちですが、引き続き気を付ける毎日を過ごさないと・・・って感じでしょうかね。

 

面倒なテレワークも基本的には継続って方向なんでしょうね。

 

さて、そんな世間の流れはさて置き、読む価値があるのかどうか、よく分からない定期便の様なmailがmaneoから届いていました。

 

日々の生活から「maneo」って単語はすっかり忘れ去っていますが、その後の進展はあったのえしょうかね。

 

・・・って、期待できませんがww

 

送られてきた内容です。

投資家の皆様へ

maneo株式会社より、2018年11月1日にご報告いたしました延滞発生の融資案件につきまして、回収活動状況をご報告させていただきます。
該当の投資家の皆様への続報となります。

【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
https://www.maneo.jp/apl/information/news?id=7549

パルティール債権回収株式会社(以下、「パルティール社」といいます。)への債権回収業務の委託につきましては、以下をご確認ください。
https://www.maneo.jp/apl/information/news?id=8304

1.これまでの回収活動について

2018年11月:延滞発生報告、以降、事業者C社としても購入先を探索
2019年 6月:競売期間入札、不売で終了
7月:特別売却実施、不売につき競売再評価手続きに移行
10月:競売期間入札、不売で終了
11月:特別売却実施、不売につき競売再評価手続きに移行
パルティール社への債権回収業務の委託
2020年2月:競売期間入札、不売で終了
特別売却実施、不売につき終了
不動産事業者CUに対する貸金返還請求訴訟を提起
3月:勝訴判決が確定
4月:不動産事業者CUに対する債権者破産申立て

2.回収活動の状況について

競売手続き:特別売却にて不売
訴訟手続き:貸金返還請求訴訟勝訴判決確定
債権者破産手続き:申立て済み

3.前回報告時からの回収活動について

貸金返還請求訴訟の判決を得た後、不動産事業者CUに対して接触を試みましたが、何ら対応がなかったため、事業者C社として、不動産事業者CUに対し債権者破産申立てを行いました。
現在、裁判所が申立て内容の判断をしている過程にあります。

4.次回の状況報告について

次回につきましては、6月中旬を目途に状況をご報告いたします。

投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

maneoからのmailより抜粋

送られてきたmailの内容をまとめると

貸金返還請求訴訟の判決を得た後、不動産事業者CUに対し接触を試みたが、何もなかったので、事業者C社として、不動産事業者CUに対し債権者破産申立てを行った。

 

って事のようです。

 

ところで、債権者破産申し立てとは

なかなか聞きなれない言葉がありましたので、一応調べてみましたww

破産は、債務者が経済的に破綻して、債権者に対し債務を弁済することができない状態、または、そのような場合に裁判所が選任する破産管財人によって行われる法的手続を指す(広義の破産)。

債務者本人や債権者などの申立て権者が、裁判所に破産手続開始の申立てを行い、裁判所が当該債務者に破産手続開始の原因があると認める場合には、「破産手続開始の決定」を行う(狭義の破産)。従来、「破産手続開始の決定」は破産宣告と呼ばれていた。

なお、狭義の破産のうち、債務者自身の申立てにより破産手続開始の決定を受ける場合を自己破産、会社役員が自分の会社の破産手続開始の申し立てを行って破産手続開始の決定を受ける場合を準自己破産といい、債権者の申立てにより破産手続開始の決定を受ける場合を債権者破産という。

Wikipediaより

所感

現在のところ、債権者(事業者C)として、動産事業者CUに対し債権者破産申立の手続きをの申し立てを行い、その内容を裁判所にて確認中のようですね。

 

以前から綴っていますが、結果的に法律では連戦連勝でも、相手方の不動産事業者の金庫にどの程度残っている事やらって感じです。

 

問題が表面化したのが2018年の11月1日のメールからですから、既に1年6カ月が経過しています。

 

普通に考えても回収できるようなモノは残っていないでしょうね(´・ω・`)

 

仮に回収できたとしても、戻ってくる額は微々たるものでしょう。

 

 

 

さて、どうなることやら・・・

 

 

リンク先には色々な情報に関するブログがありますので、参考になると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ

スポンサーリンク

 

コメント