【資産運用】【速報?】maneoから「訴訟の経過に関するお知らせ」が届きました・・・

お金のはなし
スポンサーリンク

そう言えば、訴訟を起こしていましたね

存在すらすっかり忘れていました。

 

久しぶりにmaneoから、訴訟に関するやる気のないmailが届きましたね。

 

投資家の皆様へ

maneo株式会社は、平成31年3月12日にガイアファンディング株式会社および同社代表取締役であり連帯保証人である屈文馨氏に対し、貸金返還等請求訴訟を東京地方裁判所に提起しております。
以下PDFをダウンロードしていただき、訴訟の経過報告をご確認ください。

訴訟の経過に関するお知らせ:https://cdn.maneo.jp/material/fund/news/20190517.pdf

投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2019年5月17日
maneo株式会社

maneoからのmailより

所感

いや、提訴したのは知ってますって!

 

リンク先を辿ると、弁論準備期日が5月15日にあって、次回の弁論期日が6月26日に予定されているようです。

 

投資家へは説明すべき事項が発生した場合に速やかに説明するとのことです。

 

maneoが判断する説明すべき事項と説明に値しない事項の境界線はどのあたりでしょうかね?

 

説明すべき事項に該当しない事項ってどんな内容なのでしょうか。

 

天邪鬼なので、些細な言葉に引っかかります。

 

今後も淡々と進んでいくんでしょうね・・・投資家は置いてきぼりのような気がしていますけどね。

 

ちなみに弁論準備期日とは

民事訴訟手続において、漫然と当事者の主張や証拠調べを行うと、審理を進めた後に、新たな争点が明らかになり、そのための証拠調べも必要となって、長期裁判となるおそれがある。そのような事態を避けるために、裁判の初期の段階で、当事者間で争点になっている事実は何で、その事実を明らかにするためにどのような証拠を取り調べるべきかを明らかにして、審理の計画を立てておいたほうが望ましい。その争点と証拠の整理を、口頭弁論期日外に行うために設けられた手続きが弁論準備手続である。

なお、争点と証拠の整理を行うために、必ず弁論準備手続を行わなければならないわけではなく、あくまで整理のために用いられる手続きのひとつである。弁論準備手続によらなくても、通常の口頭弁論や準備的口頭弁論の期日で、争点整理ができるのであれば、弁論準備手続を行う必要はない。しかし、現在の民事訴訟においては、弁論準備手続に付するのは一般的である。

wikipediaより抜粋

 

 

リンク先には色々な情報に関するブログがありますので、参考になると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ

スポンサーリンク

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。