【資産運用】ソーシャルレンディング2019年4月の収支結果をまとめてみた。

お金のはなし
スポンサーリンク

2019年4月の収支結果をまとめようと思ったら

そもそも、3月の収支結果をまとめるのを忘れていました。

 

そして気が付いた時には黄金週間に突入しています。

 

ソーシャルレンディング界隈では2018年に続いて、2019年も苦難と言うか、罰ゲームが続いています。

 

業界最大手と謳歌していたmaneoもすっかりメッキがはがれた感があり、この前までは業界の淘汰なんて言っていましたが、そのうちソーシャルレンディング自体が無くなってしまうかもしれませんね。

 

最近になって、融資先の情報開示などの対策を講じていますが、時すでに遅しって気がしています。

 

ソーシャルレンディングも潮時・・・そんな気がする今日この頃です。

 

2019年4月の収支結果をまとめます。

 

現状では、クラウドバンクのみが残っており、maneoとクラウドリースは「期失」を除き終了しています。

 

maneoもクラウドリースも大きく被弾してはいませんが、何となくモヤモヤした気分ってのが、正直な感想ですかね。

 

その後、クラウドバンクのファンドに新たに投資をする意欲もあまり無く・・・ソーシャルレンディングには積極的になれない今日この頃が継続しています。

 

4月のまとめ

以前にも綴りましたが、残念ながら進展も乏しいため、被弾したファンドについては、無かったものと諦めるしかないかもしれません。

 

一応、クラウドバンクでは遅延が生じている訳でもなく、今月も引き続き投資したお金達が黙々と働き、戻ってきてくれています。

 

クラウドバンクでは投資先の情報が詳しく閲覧できるようにはなったのですが、その情報を知ってよかったのか、知らない方が良かったのか・・・正直微妙な気分です。

 

昨年から、みんなのクレジット⇒ラッキーバンク⇒GIレンディング⇒ガイアファンディング⇒キャッシュフローファイナンス⇒maneo⇒ガイア全件遅延⇒トラストレンディング⇒ラッキーバンク元本損失⇒クラウドリース⇒maneoで再度遅延⇒トラストレンディングの行政処分⇒クライドリース全件遅延⇒maneo・・・と、完全に罰ゲーム仕様で、負の連鎖が続いています。

 

maneoマーケットやmaneoには被弾したファンドを除き、既に引っ越し済ですので「期失」と言われても焦る必要な無いのですが、ソーシャルレンディングって、ただの詐〇集団だったのかと思ってしまいます。

 

「期失」と言った残念なイベントが発生してしまうと、基本的には、相手方からの連絡を待たざるを得ないので、残るクラウドバンクではそのような残念なイベントが発生しないよう・・・無事に投資した元本が戻ってくるのを待つだけです。

 

さて、どうなることやら・・・

 

 

 

 

 

 

リンク先には色々な情報に関するブログがありますので、参考になると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。