【資産運用】この話をどこまで信じます?maneoから債権回収に関する報告が届く(ガイア編⑧)

お金のはなし

そう言えば、NHKで報道されたり、YAHOOのトップニュースでも話題を振りまいていましたね。

ソーシャルレンディングNo.1と謳歌していたmaneo&maneoグループですが、とうとう、このような状況に陥ってしまいましたね。

 

今後の司法の場では、どのような話が飛び出すか・・・注目はしたいと思います。

前回より、約1ヶ月が経過しています。

2月の上旬にガイアファンディングに関するmailが送付され、その後、1ヶ月が経過したところで、久しぶりの報告がmaneoから送られてきていました。

 

内容については、前に進んでいるような様子ではありますが、証拠に乏しく、「頑張っています!!!だから信じてください!!!」的なイメージかと受け取りました。

 

さて、maneoからのmailの内容です。


投資家の皆様へ

maneo社(以下、「当社」といいます。)からのお知らせです
現在、当社がAU社(以下、「ガイアファンディング社」といいます。)より報告を受けているプロジェクトの進捗状況についてご報告いたします。

「カリフォルニア州エルクグローブ地区のプロジェクト」
〇募集
maneo
〇ローンID
11638,11640,11642,11644,11652
〇ファンド名
ガイアファンディングセレクトファンド164-168号(以下、「当ファンド」といいます。)
〇案件名
【事業者AU社向け】
カリフォルニア州 米国不動産事業資金ローンへの投資(第1次募集~第5次募集)
〇URL
https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=5152 他
〇残高
110,000,000円
〇担保
無し

【案件概要】
案件所在地は、カリフォルニア州エルクグローブ地区です。
当該案件は、ガイアファンディング社の不動産事業者に対する仕入資金(工事費)融資案件の借り換え資金の一部として、
2018年6月に1億1,000万円をmaneoにて募集いたしました。

下記内容は、当ファンドと同一案件を扱うカリフォルニアファミリーホームローンファンド7・9・10・12・14・16・18・20号(ガイアファンディングにて募集)の該当投資家の皆様に、
2018年12月21日および2019年2月25日にガイアファンディング社より配信されたメールより抜粋しております。

(以下、ガイアファンディング社からの2018年12月21日メール文の抜粋)
開発許可の申請中で、審査は90%まで完了しています。許可取得後に、開発業者に対して売却予定です。
返済は2019年2〜3月頃を見込んでおります。
(ガイアファンディング社からの2018年12月21日メール文の抜粋、ここまで)

(以下、ガイアファンディング社からの2019年2月25日メール文の抜粋)
2019年1月に開発許可の取得が完了し、現在、開発業者に対して販売活動中です。
販売が完了次第、返済となります。
(ガイアファンディング社からの2019年2月25日メール文の抜粋、ここまで)

現在、上記ガイアファンディング社からの報告内容について、投資家の皆様からお問い合わせ頂いた内容も踏まえ、
当社からガイアファンディング社に対して以下内容で要望を出しております。

・「2019年1月に開発許可の取得が完了」の部分について、取得したことが確認できる書面の提出
・「開発業者に対して販売活動中」の部分について、販売活動についての詳細説明および販売目途についての説明

尚、ガイアファンディング社からの報告内容のとおり、2019年1月末からインターネット上にて対象不動産の販売活動がされていることを当社にて確認いたしました。

現在、ガイアファンディング社および連帯保証人であるケルビン・チウ氏(ガイアファンディング社の代表取締役)に対して、内容証明郵便にて催告書の送付をしております。
また、ケルビン・チウ氏に対しては日本のみならずアメリカ・台湾の自宅およびアメリカ法人のオフィスに対しても書面による督促を行っております。

当社からの質問に対するガイアファンディング社からの回答、またその他お伝えできる情報が得られた場合には、速やかに該当投資家の皆様にメールにてご報告いたします。

ガイアファンディング社からの報告内容の裏付け確認等に想定以上の時間を要しており、投資家の皆様へのご報告が遅れておりますことをお詫び申し上げます。
また、かかる確認作業の関係上、ガイアファンディング社からの状況報告に遅れることにつきましても、投資家の皆様にご心配をおかけしており、大変申し訳ございません
投資家の皆様への償還・分配の早期実現に向けて全力を尽くしますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

2019年3月8日
匿名組合契約における営業者 maneo株式会社
匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者(金商)第2011号)

 
maneoからのmailより

結構な長文になっています。

maneoからのmailに関する所感

ガイアファンディング社からの報告内容の裏付け確認等に想定以上の時間を要しているとのこと・・・

 

相変わらず、ガイアファンディング社には腰が引けている印象ですね。

 

なぜ、そんなに時間を要しているのでしょうか?

 

そこまで複雑な事になっているのでしょうか?

 

ガイアファンディング社とmaneoでやり合うのなら、とりあえず、全てを精算した後にゆっくりやってくださいって気分ですね。

 

相変わらず、maneoマーケットとしての統制が全然ダメで、ガバナンスが働いていませんってイメージが払拭できません。

 

しっかりと、投資家の利益を守っていただきたいものです。

 

 

 

 

 

リンク先には色々な情報に関するブログがありますので、参考になると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ

[ad]

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。