【資産運用】ソーシャルレンディング2019年1月の収支結果をまとめてみた。

お金のはなし

2019年1月の出来事

年が明けてから、年度末までは一気に時間が流れている感覚の今日この頃です。

 

もう1月が終わり、比較的短い2月に突入とは・・・光陰矢の如しを実感しています。

 

2018年はソーシャルレンディングが膿だらけだった1年でしたが、2019年は好調にお願いしたいものです。

 

なんて綴ったものの、maneoとmaneoグループはボロボロになったイメージがぬぐえません。

 

一時期は業界最大手なんて歌っていましたが、何のことやらって感じですね。

 

2019年1月の収支結果をまとめます。

maneoの引っ越しは「期失」を除き終了しました。つくづく最終コーナーでの被弾が残念です。

 

後はクラウドリースですが、1件は「期失」で被弾していますが残りの1件が1月31日までとなっていて、未だに期失等の連絡が無い事から、無事に終わったのかと・・・

 

結局のところ、クラウドバンクのみでソーシャルレンディングを継続するという、歪んだ構造となっている状況です。

 

LCレンディングには口座開設済なので、すぐにでも始めることは可能なのですが、ソーシャルレンディング自体も甚だ疑問があって、今一つ積極的になれていない気分です。

 

先月のまとめ

maneoからのmailは概ね2週間毎のテンプレートで、一向に解決に向けて動く気配が見受けられません。

 

被弾してしまったファンドのその後がまだまだ不透明な状況だとは思っています。

 

クラウドバンクでは今月も引き続き投資したお金達が黙々と働き、戻ってきてくれています。

 

クラウドリースは次回の分配日である2月12日に何事も無く元金が戻ってくれるのを祈るのみです。

 

ソーシャルレンディングは、一旦投資を行い、ファンドが成立した後は運用が終了するまでは何もする必要が無い(手が出せない)ので、ずぼらなサラリーマンにはありがたいシステムだと思っていたのですが、なかなか手強い相手でした。

 

昨年から、みんなのクレジット⇒ラッキーバンク⇒GIレンディング⇒ガイアファンディング⇒キャッシュフローファイナンス⇒maneo⇒ガイア全件遅延⇒トラストレンディング⇒ラッキーバンク元本損失⇒クラウドリース⇒maneoで再度遅延・・・と、完全に罰ゲーム仕様で、負の連鎖が続いています。

 

あまりにも多すぎて、上の流れのうち、数件は抜け落ちているかもしれません。

 

1月早々にmaneoに再度遅延が発生したことで、2019年にも負の連鎖は続いてしまうようですね。

 

「期失」と言った残念なイベントが発生してしまうと、基本的には、相手方からの連絡を待たざるを得ないので、イベントが発生しないよう・・・無事に投資した元本が戻ってくるのを待つだけです。

 

さて、どうなることやら・・・

 

 

 

 

 

 

リンク先には色々な情報に関するブログがありますので、参考になると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ

[ad]

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。