【資産運用】速報!!maneoで3種のファンドで遅延が発生したようです。

お金のはなし
スポンサーリンク

ガイアファンディングで遅延が生じたので、覚悟はしていたのですが・・・

 

maneoでも遅延が発生したようですね( ゚Д゚)

 

本日、maneoから遅延に関するmailが2通送られてきました。

 

1通はガイアファンディングセレクトファンドに関するもので、もう1通は【不動産担保付き】1,000億円突破記念ローンファンドに関するものでした。

 

maneoのHPを覗いてみたところ、その他にも1件遅延が生じたとのお知らせが・・・

 

来るべき時が来たのでしょうか・・・いきなりどうしちゃったのでしょうね。

 

遅延の内容についてです。

まず、【不動産担保付き】1,000億円突破記念ローンファンドについてですが・・・

事業者C社は、不動産事業者CU社に対し不動産担保融資を行いました。

2018年5月25日、不動産事業者CU社は、事業者C社に対し、約定利息の支払いを行いませんでしたが、
事業者C社は、担保不動産の任意売却や担保権の実行による回収をもってmaneo社に対する債務の全額を返済可能と判断しました
そこで、事業者C社は、maneo社から事業者C社への融資はノンリコースローンであるものの、
5月28日、6月28日、7月30日、8月28日、9月28日分のmaneo社への利息の支払いを継続しつつ、担保不動産の任意売却を試みました。

しかしながら、事業者C社は、任意売却に向けた活動の過程において、
すべての担保不動産の任意売却による売却代金をもってしてもmaneo社への元利金全額を支払うことが困難であるとの認識に至り
maneo社から事業者C社への融資はノンリコースローンであることから、
10月29日を期日とするmaneo社への利息の支払いを履行しない意向をmaneo社に対して示しました。

事業者C社及びmaneo社は、引き続き、担保不動産の競売・任意売却による回収に尽力してまいります。

一部着色しています。

次にガイアファンディングセレクトファンドについてです。

対象ローンについて返済期日が到来いたしましたが、貸付先の事業者AU社より、
最終資金需要者(米国の不動産事業者)の返済原資となる開発案件の売却が、期日までに成就できない旨の報告がありました。
本案件の対象不動産所在地は、カリフォルニア州都サクラメントに近い、エルクグローブ地区です。
11戸のファミリー向け戸建て住宅を新築するプロジェクトにおける、開発許可申請・建設準備のための資金として募集・融資いたしました。
現在、開発許可の取得申請中で、許可がおり次第、マーケットにて売却の予定ですが、期日までの売却・返済に至らず、延滞となりました。

 

今後の見とおしについて

 

とりあえず、【不動産担保付き】1,000億円突破記念ローンファンドに関するお知らせは11月6日、ガイアファンディングセレクトファンドについてのお知らせは11月8日を目途に送られてくるようです。

 

ただ、感覚的で申し訳ないのですが【不動産担保付き】1,000億円突破記念ローンファンドの方は元利金全額が戻ってこない可能性が高いのかなと思っています。

 

一方、ガイアファンディングセレクトファンドについては、年内に開発許可が得られ、売却は3ヵ月程度を要するとのことなので、前向きに妄想すれば年度内には片付く可能性がありそうですね。

 

過度な期待はしていませんが・・・

 

いずれにせよ、とりあえずはmaneoからのお知らせを待つこととしましょう。

 

maneoとmaneoマーケットからの脱出中にこのような事態に陥るとは・・・

 

くれぐれも投資を行う際は自己責任で行ってくださいね。

 

 

 

 

リンク先には色々な情報に関するブログがありますので、参考になると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 中国地方食べ歩きへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。