【岡山市】B級グルメ?のデミカツ丼を「麺屋匠」でラーメンと共に食べる

ぐるめのはなし

マンホールカードをGetする30分前のことです。

 

【岡山市】お出かけの合間に岡山駅でマンホールカードをGetした。
急遽岡山市へ出かける用事が出来ました。 仕事ではなく、プライベートですww 特にマンホールカードについては、熱が冷めたというかww・・・意識していなかったのですが、新幹線の移動中にマンホールカードの事を思い出し、ググってみた...

 

ちょうど岡山駅に到着したのが正午前でしたので、マンホールカードは後回しに考え、とりあえずランチを楽しもうかと思いまして、新幹線口の改札口からほぼ正面に位置する「さんすて岡山」へ移動しました。

 

伺う予定のお店は新幹線の中で事前リサーチ済です。

 

先日、TVで「エビメシ」なるものを岡山のB級グルメとして紹介されていましたが、私はその「エビメシ」よりも先に食べなければならないものがあったのです。

 

そう「デミカツ丼」を・・・

 

そもそも「デミカツ丼」とは

 

特長

デミカツ丼とは、丼に飯を盛ってデミグラスソースをかけ、その上に千切りキャベツを乗せ、さらにその上から揚げたての豚カツをいくつかに切り分けて乗せてその上からデミグラスソースをかけるもの、あるいはデミグラスソースの中にくぐらせた豚カツを乗せるものである。トッピングとして、グリーンピースを数個乗せたりうずらの生卵をのせたりする場合も多い。

なお店や調理者によって若干特徴が異なる。例として、千切りキャベツの代わりに乱切りしたキャベツの茹でた物をのせる、キャベツ自体を使用せず飯の上に直接トンカツを乗せる、飯の上にはデミグラスソースをかけずトンカツのみにデミグラスソースをつける、等が挙げられる。

歴史

岡山市の料理店「味司野村」の創業者である野村佐一郎が、東京のホテルで料理修行中に考案した。その後、昭和6年の味司野村の創業時に提供を開始した。 その後、評判を呼び大衆食堂や喫茶店、洋食店、ラーメン店などでも同様の料理を提供しはじめ、いつしか岡山市中心市街地では多くの店がデミカツ丼をラインナップするようになった。 特に有名なお店は、ラーメン屋のだて。洋食屋のやまと。お寿司のもりや寿司。

なお、デミカツ丼を古くから提供している店はデミカツ丼を単に「カツ丼」としてメニューとしており、通常の卵とじのカツ丼も並行しておいてある場合は「卵とじカツ丼」、「卵カツ丼」、「カツたま丼」などの名称を用いている。最近になってデミカツ丼をメニューとした店では、デミカツ丼は「デミカツ丼」の名称で提供する場合もある。

また、これらの特長は岡山市の中心市街地(つまり元々の岡山市)にみられるものである。郊外(合併によって岡山市となった地域など)ではこうした特長はあまり見られない。

ちなみに、考案店の「味司野村」は会席料理のほかカツ丼の専門フロアも営業している。

wikipediaより

 

麺屋匠に突撃する

 

約束の時間まで1時間30分程度の余裕があったのですが、岡山駅周辺からあまり移動したくなかったのと、手っ取り早くデミカツ丼が食べられるお店(もっと言えば、ご当地のラーメンもww)探したところ、麺屋匠がヒットした訳です。

 

新幹線の改札口を出て、正面の「さんすて岡山」に入り、そのまま真っすぐ進むと、左手に目的の「麺屋匠」が見えます。

 

人気店なんでしょうね!お店の中は結構な勢いで混雑していました。

 

入ろうかどうしようかと考えているグループを尻目に、単独で突入です。

 

偶然、1席のみ空きがあったので、待たずに着席できました。

 

なお、店内はテーブル席が無く、全てがカウンター仕様ですので、家族連れやカップルは多少ハードルが高いかもしれませんね。

 

着席後に振り替えると、入り口には2~3人のグループが数グループ待っていましたので、どうやらラッキーだったようですね。

 

メニューを眺めたところ、色々なラーメンが並んでいました。

 

「とんこつ」、「しお」、「しょうゆ」の各ラーメンと、店名が付いている「たくみラーメン」が基本構成のようです。

 

どのラーメンがお勧めなのか、食べるべきラーメンはどれなのか・・・一見さんに難しい選択です。

 

結局、店名が付いている「たくみラーメンとデミカツ丼(ハーフ)」のセット(1,188円)を注文しました。

 

たくみラーメン+デミカツ丼(ハーフ)と対面

 

ラーメンは5分程度で、デミカツ丼はそれから少し遅れて到着です。

 

ラーメンは豚骨ベースに和風だしを加えたWスープとのこと。

 

一見、豚骨醤油っぽいイメージかも・・・。

 

トッピングはメンマ、ネギ、白髪ねぎ、卵とチャーシューです。

 

チャーシューはトロトロで簡単にほぐれるタイプです^^

 

蓮華でスープを飲んでみると、豚骨ベースは感じるが、和風だしの風味は余り感じませんでした。

 

貧乏舌で申し訳ありません。

 

 

麺は中細ストレート麺って感じでしょうか?

 

よく言うところのツルツルシコシコでした。

 

さて、デミカツ丼です

 

見た目濃い色なので、勝手に辛いと思ってしまいますが、そもそもデミグラスソースって甘いですよね。

 

ハヤシライスのルーのみがトンカツの上にかかっているって感じでしょうかね?

 

意外な甘さのデミグラスソースにサクサクのカツって、合うんですね。

 

キャベツの千切りも食感の変化には役立っていますし、これはB級どころかA級の雰囲気でしたね。

 

ごちそうさまでした。

 

 

麺屋匠

ジャンル:ラーメン

連絡先:086-222-0206

住所:岡山市北区駅元町1-1 さんすて岡山南館2F

営業時間:11:00~22:00

 

リンク先には色々な情報に関するブログがありますので、参考になると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへにほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 中国地方食べ歩きへ

 

[ad]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。