【資産運用】クラウドバンクからの業界初のお知らせについて

お金のはなし
スポンサーリンク

クラウドバンクから新しいファンドとサービスが開始されるようです。

 

「米ドルによる募集・運用ファンド」と「円⇔米ドルの両替サービス」を近々開始するとのお知らせがmailにて届いていました。

 

業界初!! 「クラウドバンク」が「米ドルによる募集・運用ファンド」および「円⇔米ドルの両替サービス」を近日中に開始! | Crowd Bank[クラウドバンク]
業界初!! 「クラウドバンク」が「米ドルによる募集・運用ファンド」および「円⇔米ドルの両替サービス」を近日中に開始!

 

日本クラウド証券が募集の取扱いを行う「クラウドバンク」では、お客様から日本円による出資の募集を行い、主に国内企業に対して日本円による融資を行うことで当該出資金を運用してまいりました。

 今後、更に「クラウドバンク」による資産運用の選択肢を広げていただくことを目的として、お客様から米ドルによる出資の募集を行い、日本国内外の企業等に対し米ドル融資による運用を行うタイプの全く新しい「クラウドバンク」ファンドの提供開始を予定しております

 また、これに合わせ、「クラウドバンク」において、お客様の日本円による預り金を米ドルに両替できるサービスを近日中にリリースいたします。

 これまで、国内の融資型クラウドファンディング業界において、お客様からの日本円による出資の募集を行い、日本国外の企業等に対し米ドル融資による運用を行うサービスは複数ご提供されておりました。しかしながら、融資先から米ドルによる利息支払・元金返済が行われた時点の為替相場によって、お客様が日本円で受け取る分配金や償還金が大きく変動するリスクが存在しておりました。

 当社が提供を予定している「米ドルによる募集・運用ファンド」では、当社のクラウドファンディング口座において、お客様は米ドルにて出資し、米ドルのまま分配金や償還金を受け取ることができるため、為替リスクを受けることなく(※1)、米ドルによる資産運用が可能となる国内融資型クラウドファンディング業界初(当社調べ ※2)のサービスとなります。

 なお、「円⇔米ドルの両替サービス」においては、店頭外国為替証拠金取引業者であるセントラル短資FX株式会社のサービスを利用し、両替時のコスト負担を抑えた低スプレッド(通貨の売値と買値の差)の両替価格の提供を予定しております。

クラウドバンクHPより(一部着色しています)

 

「米ドルによる募集・運用ファンド」について

 

確かに、maneoグループのガイアファンディング、アメリカンファンディングやクラウドクレジットでは海外向けの投資を行うファンドですが、いずれのファンドも日本円で出資を行い、まとまった日本円を貸付先が外貨に交換⇒運用を行った後に日本円に交換し投資家へ分配するといった流れでしたね。

 

海外向けの投資の場合、運用終了時に円高が進行していれば利回りの低下や、最悪の場合は元本割れの恐れがあったり、為替ヘッジの設定に伴う利回りの低下もあったりで、SL界の中では比較的リスクが高いと考え、私は海外向けの投資は敬遠してました。

 

今回発表されたクラウドバンクの新しいサービスは、米ドルで出資を行い、分配金も米ドルで受け取れるようですので、分配金などの米ドルをそのまま新しいファンドへ投資できる等のメリットがありますね。

 

米ドルを持ち続けるならば、今までの米ドル⇔日本円の両替コストが省略できるため、新しいサービスと考えるならメリットは大きいかと思います。

 

後はどのようなファンドの募集が行われるか・・・ですかね。

 

「円⇔米ドルの両替サービス」について

 

円⇔米ドルの両替はセントラル短資FX株式会社のサービスを利用できるようですね。

 

セントラル短資FX株式会社のHPによると、米ドル/円は0.3銭のようですので、クラウドバンク経由で円⇔米ドルの両替サービスを利用する場合でも、同程度になるのではないかと思います。

 

FXダイレクトプラス 手数料・スプレッド | セントラル短資FX
FXダイレクトプラスの手数料・スプレッドについて紹介いたします。為替やFXの知識がない方にもわかりやすく、口座を開設された方向けに詳しいサービスをご案内いたします。信頼できる為替取引ならセントラル短資FX。

 

ログイン後のマイページからの米ドル両替なども連携して可能になるよう、システムを更新するようですので、折角なら使い勝手の良い仕様となれば良いですね。

 

まとめ

 

今回のクラウドバンクが発表した新しいサービスは、好意的に受け止めています。

 

前から米ドルを保有している人、外貨で運用を希望する投資家に対しても魅力的なサービスが始まるのではないかと思います。

 

ただし、いくら魅力的なサービスが始まっても、食指が動くファンドが複数あれば良いのですけどね。

 

例によって、しばらくは様子見なのでしょうけどね。

 

さて、どうなることやら・・・

 

 

リンク先には色々な情報に関するブログがありますので、参考になると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへにほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 中国地方食べ歩きへ

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。