【山口市】ちょっとした浮気心。「麺工房」で「かけうどん」を食べた。

ぐるめのはなし

そろそろ暖かい食べ物は敬遠したい季節ですね・・・

 

身体が温まるものが食べたいときは、結構な高打率で「どんどん」へ行ってしまうのですが、逆に冷たいものを食べたいときはなぜか「どんどん」を敬遠してしまうのですww

 

それほど、「どんどん」の「肉わかめうどん」の完成度が高いからなのでしょうね。

 

これからの季節、暖かいうどんを食べると、汗だくになるため、世間様にご迷惑をおかけすることになりかねません。

 

とは言え、冷たいかけうどんが食べたい場合は、最終兵器として、「麺工棒」に浮気して行くことにしています。

 

 

これからの季節、私的には「どんどん」から「麺工棒」へ一時的に避難しますww

 

麺工棒とは

 

県内には宇部市(本店)、下関市、山口市で合計3店舗を展開しています。

 

http://www.menkoubou.jp

 

セルフサービスでやや細目の讃岐うどんが食べられる店です。

 

店の入り口右手のガラス窓からは運が良ければ、うどんを手打ちしているシーンが見学できますが、あまり見つめると店主が照れてしまいますので、ほどほどにww

 

訪問時刻は正午前・・・

 

あいにくの雨でしたが、やたらと湿度が高い日でした。

山口市小郡の国道9号線沿い、ザ・ビックなどのショッピングセンターが集まっているパワーセンターの一角に「麺工棒 小郡点」があります。

駐車場はやたらと広いので、車での来店は全然問題ありません。

 

 

場所柄、お昼を過ぎちゃうとサラリーマンで混み合うこともあるのですが、一般的なうどん店と同様に回転が速いため、特には気になりません。

 

店内に入ると・・・

 

いきなりカウンター越しに注文をすることとなるので、事前に何を食べるか考えておきましょうね^^

 

雨の日でしたが、かけうどんの「ひやひや」を注文してみました。

 

注文後、うどんを受け取ると、天ぷらやおでんのサイドメニューを選んでからレジでお金を支払うルールとなっています。

 

かけうどん(ひやひや)大:500円+鳥天150円

讃岐の宮武うどんのような名前ですね。

 

この店では、かけうどんは「あつあつ」、「ひやあつ」、「ひやひや」から選択可能ですので、暑い季節には「ひやひや」の出番となる訳です。

 

この店のかけうどんには、すりおろした生姜がトッピングされます。

 

苦手な人は注文時に「ネギと生姜を入れますか?」って聞かれますので、その時に断りましょうねww

 

細目ですが、なかなかのコシがあって、讃岐の名前も伊達じゃないって感じですね。

 

まとめ:これからの季節、うどんは「麺工棒」です。

 

 

いつもの「どんどん」とは異なる出汁の風味です。

 

ネギも分葱でしょうかね?小さい葱ですが、非常にいいアクセントになっています。

 

暑い季節でもかけうどんが食べられるという幸せ!!

 

これですよ!これ!!

 

※慌てて食べた結果、分葱が気管に入り込み、せき込んだのは内緒ですww

 

 

麺工棒 小郡店

ジャンル:うどん

連絡先:083-973-1818

住所:山口市小郡下郷763-2 ザ・ビック小郡店敷地内

営業時間:11:00~20:00(麺売り切れまで)

定休日:年末年始(5日間)

 

 

 

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。