【資産運用】みんなのクレジットの話題がとうとう「Yahooニュース経済」のトップページに掲載!

スポンサーリンク

最近は「みんなのクレジット」ってキーワードが一部で爆発的に流行してますね。

 

ポンコツ@親父です。

 

業務停止命令が連発した(株)みんなのクレジットですが・・・

 

8/8(火)16:00配信でとうとうyahooニュースの経済でのトップニュースになっちゃいましたね。

 

 

 

なお、記事は東京商工リサーチ発行の「TSR情報全国版」2017年8月9日号に掲載予定との事です。

 

Yahooニュース 経済のトップページに掲載

 

トップページには「みんクレ驚くべき運用実態」って見出しでした。

 

中を読むと、タイトルは「相次ぐ業務命令で揺れる(株)みんなのクレジット」だって。

 

  • ソーシャルレンディングで集めた34億円の行方は?
  • 金融検査で杜撰な運営が発覚
  • 創業者は元「企業再生請負人」
  • 保全率はわずか15%
  • 今後の動向に注目集まる

以上の見出しで構成されていました・・・(´・ω・`)

 

みんなのクレジットが受けた2つの業務停止命令

 

最初は今までの経緯的なものが書かれており、まずは関東財務局と東京都からそれぞれ時期は異なるが業務停止命令・処分を受けていることが紹介されている。

 

今年の3月に関東財務局から金融商品取引法に基づく1ヵ月間の業務停止命令と業務改善命令を受けた事。

 

その後、8月には東京都から貸金業法に基づく業務停止処分と業務改善命令を受けた事。

 

3月の時点で新規ファンドの募集は停止するが、運用中のファンドの分配金・償還金は支払われていた事などが綴られている。

 

集めた投資額は総額約34億円

みんなのクレジットが集めた額は約34億円。

 

資金を募集する際には年利10%超を歌い、キャッシュバックを含めると年利20%を超えるファンドもあり、2017年6月償還分までは分配金・償還金は滞りなく償還されていた。

 

なお、7月償還分からは分配金は償還されたものの・・・償還金の取り扱いは保留状態となっている。

 

参考:【資産運用】8月7日「みんなのクレジットからのご案内」が届く

みんなのクレジットはポンジスキームに酷似?

 

結果的にみんなのクレジットは資金を運用していた訳ではなく、託された資金を配当や償還に回し、いわゆる自転車操業状態に陥り、行き詰りつつあると思わる。

 

関東財務局もポンジスキームのような指摘をしているとの事。

 

いずれにしても、新規ファンドの募集を止めている現在は、自転車操業なら回らなくなる可能性が非常に高いことが容易に想像できる。

 

まとめ

 

今回掲載された内容は、みんなのクレジットが2回も業務停止命令・処分を受けた事から始まって、杜撰な運営、創業者、保全率のこと・・・目新しい情報は見受けられないが、投資家の1人としては改めて辛い内容を確認したものだった。

 

今後の動向には注視すべきではあるだろうが、元本は戻らない前提で考えざるを得ないかなぁ・・・(´・ω・`)

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。