【山口市】今日は少し暖かかったので・・・山口市内で通算4枚目のマンホールカードをGetした。

コレクション

どもです。最近はマンホールカード収集に目覚めつつあるポンコツ@親父(@xxxtks1969xxxです。

 

毎日寒いですね。

 

多少晴れていても、風が吹いているため体感温度は低い毎日です。

 

インフルエンザ等に気を付けて、ご自愛ください。

 

山口県内で配布されているマンホールカードを集めています。

 

先日、下松市役所と山口市内2か所でマンホールカードをGetした訳です。

 

 

 

 

寒い毎日ですが、今日は県の西部へ行く用事が出来たため、途中で新山口駅に立ち寄って、山口市内で配布されている最後のマンホールカードをGetしてきました。

 

そもそも、マンホールカードとは

マンホールカードは、GKP(下水道広報プラットホーム)が企画・監修するマンホール蓋のコレクションアイテムであり、マンホール蓋を管理する都道府県や市町村とGKPが共同で作成したものです。

国土交通省HPより

 

2016年4月から配布が始まり、今では第6弾まで配布されているようです。

 

全国の都道府県で配布されており、計293種252自治体で配布されているとのこと。

 

なかなか、好評のようです。

 

新山口駅で市内で配布されているもう3枚目のカードをもらってきました。

 

新山口駅の構内にある新山口駅観光案内所にて配布されているマンホールカードをGetです^^

 

 

ここも、先日マンホールカードをGetした山口観光案内所と同様に入り口から入ったところで「マンホールカード配布しています」的な案内が掲示されており、非常に分かりやすかったです^^

 

大まかに住所と苗字を記入して、マンホールカードをいただきました。

 

いただいたマンホールカードを眺めてみる

 

 

 

右肩に羅列してある数字はやはり県の番号35が先頭になっていて、やはり以下の数字は自治体コードのようですね。

 

山口駅で配布されていたカードの末尾が「A001」で、先日いただいた新しいカードの末尾は「C001」となっていました。

 

今回は「B001」となっていますので、同じ市内で発行されている場合にA~通し番号的な整理がされているのかと思います。

 

このA~の意味は調べてみたところ、公表されていないので、想像の範疇ですけどね^^

 

左下にある座標を確認してみます。

 

 

新山口駅の在来線側にこのデザインのマンホールがあるようですね。

 

後日確認してみたいと思います。

 

今回の「ピクトグラム」は・・・

 

マンホールカード情報というサイトにピクトグラムの解説が示されています。

 

今回も、この解説を眺めつつ、マンホールカードの写真を眺めてみます。

 

今回もらったカードの場合は3つのピクトグラムで構成されています。

 

「花」、「鉄道」、「文学史」と表記されていました。

 

確かに、桜とSLやまぐち号と種田山頭火の句が入っていますね・・・

 

今までのカードとは異なり、色々なものが描かれていて、見ても賑やかですね^^

 

まとめ

 

すっかり、マンホールカードの収集を楽しんでしまっています。

 

観光案内所で配布されている場合は、年中無休で配布される場合が多いので土日にGetするチャンスがあるのだけど、市役所で配布されている場合は難易度は高いってのが、難しいですね。

 

当面、県内で配布されているマンホールカードはあと1枚となりました。

 

気分が冷めないうちに防府市へ出かけることとしましょうww

 

なお、在庫が少なくなったりする場合もあるようですので、お早めに・・・

 

以上、おしまいっ!!

 

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。