(追記アリ)【山口市】とりあえず、山口駅で2枚目のマンホールカードをGetした。

コレクション

どもです。ポンコツ@親父(@xxxtks1969xxxです。

 

毎日寒いですね。

 

週末から再び雪の予報でしたなぁ・・・ご自愛ください。

 

せっかくなので、県内で配布されているマンホールカードを集めようかと・・・

 

先日、下松市役所にてマンホールカードをGetした訳です。

 

 

普段から県内は色々と徘徊する機会が多いので・・・せっかくなので県内で配布されているマンホールカードを集めてみようかと思っちゃいましたww

 

そもそも、マンホールカードとは

マンホールカードは、GKP(下水道広報プラットホーム)が企画・監修するマンホール蓋のコレクションアイテムであり、マンホール蓋を管理する都道府県や市町村とGKPが共同で作成したものです。

国土交通省HPより

 

2016年4月から配布が始まり、今では第6弾まで配布されているようです。

 

全国の都道府県で配布されており、計293種252自治体で配布されているとのこと。

 

なかなか、好評なんですね。

 

今日は山口市内をウロウロしていたので・・・

 

山口駅へ立ち寄って、マンホールカードをもらいました。

 

山口観光案内所は山口駅構内にあるのですが、入り口から入ったところで「マンホールカード配布しています」的な案内が掲示されており、非常に分かりやすかったです^^

 

大まかに住所と苗字を記入して、マンホールカードをいただきました。

 

いただいたマンホールカードを眺めてみる

 

 

 

右肩に羅列してある数字はやはり県の番号35が先頭になっていて、以降は自治体コードでしょうね??

 

左下にある座標を確認してみましょうww

 

 

この位置にマンホールがあるようですね。

 

チャンスがあれば、訪問してみます。

 

今回の「ピクトグラム」は・・・

 

マンホールカード情報というサイトにピクトグラムの解説が示されています。

 

今回も、この解説を眺めつつ、マンホールカードの写真を眺めてみます。

 

山口駅でもらったカードの場合、1つのみの寂しい構成ですが、「祭り」を表しているようです。

 

なるほどねって感じがしました。

 

まとめ

 

もしかしたら、マンホールカードの収集は意外に楽しいかもしれませんね。

 

前回の場合は市役所で配布しているため、休日は対応していないのですが、今回の場合は観光案内所のため、年中無休で配布しているようですので、難易度は比較的低く、初心者向けかもしれませんね。

 

在庫が少なくなったりする場合もあるようですので、お早めに・・・

 

以上、おしまいっ!!

 


2月10日追記

 

先日、山口市内での宴席から山口駅方向へ歩いていたら、偶然見つけちゃいましたww

 

 

普通に交差点周辺の歩道の中にありましたw

 

意識していないと、そのまま気が付かずに通り過ぎてしまうと思います。

 

この場所は何度も通った事がある道でした・・・無意識に歩く中にもいろいろな発見があるって事ですねww

 

 

 

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。