【資産運用】ところでその後、どうなった??みんなのクレジットの訴訟について

お金のはなし
スポンサーリンク

どもです。ポンコツ@親父@xxxtks1969xxxです。

 

12月20日にみんなのクレジットが株式会社テイクオーバーホールディングスと役員に対して訴訟を提起しました旨をHP上で報告がなされましたね。

 

とりあえず、お知らせの内容については以下のとおりでした。

 

甲(株式会社テイクオーバーホールディングス(旧株式会社ブルーウォールジャパン)に対する提訴のお知らせ

弊社は、12月14日、東京地方裁判所に、甲(株式会社テイクオーバーホールディングス(旧株式会社ブルーウォールジャパン))及び白石代表らに対する貸付金返還請求訴訟を提起いたしました事をご報告申し上げます。

 

文面から、訴訟の対象は融資先の会社と連帯保証人となっていて、訴訟の目的は貸付金の返還請求としているようですね。

 

素直に読むとそのとおりですが・・・

 

みんなのクレジットに関連する一連の騒動のおかげで、最近は素直に文面を読めず、その裏側についても考えてしまっています。

 

貸付金の返還請求訴訟とあるが・・・どの程度の返還請求なのか?

 

素直に読むと全額なのですが、全額とは書かれていません。

 

まぁ、貸付金の(一部の)返還請求訴訟でないことを祈るしかないですね。

 

また、「甲及び白石代表」に対する貸付金返還請求とありますが、「白石代表」とは会社と白石代表の他に具体的には誰を指すのでしょうか?

 

・・・って、訴訟が本当に提起されていればの話ですがね。

 

手元にある情報はこれだけです。

 

そうなんですよね。これだけなのです。

 

みんなのクレジットのHP上にある2~3行の文字しか情報がないのです。

 

どの程度の貸付金の返還請求訴訟なのか?裁判の時期はいつ頃なのか??

 

HP上でのお知らせが出された以降は全く情報がありません。

 

訴訟提起の内容や裁判へのスケジュールなどは、どうなっているのでしょうね??

 

20日のお知らせ以降はどうなった?

 

せめて、今後のスケジュール感や訴状の内容を知りたいと思うのはポンコツ@親父だけでしょうか??

 

裁判については、普通に考えれば負けることは無いと思うのですが、判決が出るまではそれ相応の時間が必要になると思っています。

 

その間の遅延に対する対応とか・・・どうなるのでしょうね。

 

とは言え、一番の目標は元本が毀損することなく償還されることだと思っていますので、元本が戻ってくるのならば、そこは大人の対応をすべきなのかもしれません。

 

ちなみに・・・

 

今月上旬にみんなのクレジットへ送った質問について、未だに回答がありません。

 

各方面から問い合わせが殺到しているのでしょうかね?

 

年内の回答は諦めモードかな・・・って、回答が必ず来るって確約されたものではありません。

 

ですから、あきらめずに待ってみることにしますww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。