【防府市】県内では比較的新しい「道の駅潮彩市場 防府」で絶品の刺身定食を食べる。

ぐるめのはなし
スポンサーリンク

どもです。ポンコツ@親父(@xxxtks1969xxxです。

 

ここ数日は少しずつ暖かくなってきたような感じですね・・・

 

春が近いのかな??

 

暖かい春の日が楽しみですね^^

 

週末に防府市を通過する用事があったので・・・

 

マンホールカードの件もあるのですが・・・

 

【山口市】今日は少し暖かかったので・・・山口市内で通算4枚目のマンホールカードをGetした。
どもです。最近はマンホールカード収集に目覚めつつあるポンコツ@親父(@xxxtks1969xxx)です。 毎日寒いですね。 多少晴れていても、風が吹いているため体感温度は低い毎日です。 インフルエン...

 

偶然、防府市方面へ行く用事が出来たので・・・ランチライムに「道の駅潮彩市場防府」へ行ってみました^^

 

以前、伺ったことがあるのですが、道の駅に認定されてからは初めて伺いました。

 

そもそも、「道の駅潮彩市場防府」とは

 

 

道の駅潮彩市場防府(みちのえき しおさいいちばほうふ )は、山口県防府市にある市道の道の駅である。

三田尻港に隣接しており、みなとオアシス三田尻(みなとオアシスみたじり)を兼ねている。

1階が即売スペース、2階がレストランとなっている。

元々は2008年3月29日に防府市で水揚げされた水産品を提供する施設として防府水産物荷受協同組合によりオープンした施設[3]で、その後防府水産物荷受協同組合が自己破産した(運営はテナント入居者の設立した別法人が承継)ことなどを受けて防府市が施設を取得、2013年7月1日に「防府市水産総合交流施設」として開設、指定管理者制度を導入して潮彩市場ほうふ振興事業協同組合が管理運営している。

防府市の取得後、集客力を高めるために道の駅、みなとオアシスへの登録を目指して駐車場、トイレ等の整備が進められ、2015年に国土交通省により道の駅、みなとオアシスへの登録が認められた。山口県では初めて市町村道に設けられた道の駅となった。

wikipediaより

 

 

 

2Fの安心食堂潮彩でランチタイム

 

道の駅自体が一部改装中のたけ、1Fはざっと眺めただけですが、新鮮そうなお魚や加工品が所狭しと色々と並べられていましたね^^

 

美味しそうな穴子の天ぷらや等々、なかなか楽しめそうな予感がします。

 

時間を取って、後日、ゆっくりと拝見したいと思いましたよww

 

ひととおり1Fを堪能した後に、2Fに移動したところ広いレストランがありました。

 

安心食堂潮彩です。

 

 

中に入ると、受付のカウンターがあり、そこで料理を注文するシステムのようです。

 

注文し、お金を支払うと、番号が記入されたチケットが貰えます。

 

後ほど、準備が出来たら、その番号が呼び出され、自分で取りに行くスタイルでした。

 

メニューは入り口に色々と貼り出してあったのですが、日替わり定食か刺身定食で悩んだ挙句・・・

 

選択したのは「刺身定食」でした。

 

刺身定食で税込み1,000円でした。

 

大ぶりな刺身が6種類と小鉢、漬物、吸い物とごはんの構成でした。

 

結構なボリュームです。

 

ご飯はおかわり自由との事でしたが、刺身だけでお腹いっぱいになりそうな勢いです。

 

タコとヒラメとヒラマサと・・・後は分かりませんww

 

ですが、新鮮で大変おいしかったですね^^

 

 

まとめ

 

全てがテーブル席の店内は意外に広かったですね。

 

ほぼ、セルフサービスでしたので、店内の中央にお茶やお水を入れるテーブルがあり、そこを取り囲むようにテーブルが配置されていました。

 

ですが、外は穏やかな瀬戸内海が一望でき、なかなかのロケーションでしたね^^

 

海を見ながら、のんびりとランチタイムを楽しむってのも、贅沢な時間の使い方ですね^^

 

慌てていたので、メニューを画像に収める余裕が無かったのですが、他にも気になるメニューが多くあったので、後日、再度伺ってみようかと思っています^^

 

安心食堂 潮騒

ジャンル:食堂

連絡先:0835-28-2100

住所:防府市新築地町2-3 道の駅潮彩市場防府2F

営業時間:11:00~15:00 

定休日:水曜日

 

 

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。