世渡り上手な日々

【長門市】夜は居酒屋営業。「ながと本陣」で焼鳥丼を堪能した。

time 2018/01/17

【長門市】夜は居酒屋営業。「ながと本陣」で焼鳥丼を堪能した。

どもです。ポンコツ@親父(@xxxtks1969xxxです。

 

sponsored link

今日はお出かけ。途中の長門市でランチタイム・・・

 

目的地は下関市の日本海側だったのですが、お昼時に長門市内を徘徊していましたので、市役所近くの「ながと本陣」へ

 

 

ちなみに、駐車場はお店の建物を挟んで両側に5~6台程度は駐車可能かと・・・

 

ただし、舗装がされていない広場に何となくって感じですので、端から駐車しましょうねww

 

ちなみに訪問時間帯は13時前でした。

 

店内に入ると、13時前だというのに、意外にお客さんが多くて・・・少し待つかと思ったら、運よく1席がタイミングよく空いたようでした。

 

ランチメニューはこんな感じです。

 

 

ランチタイムメニューと銘打ってありました。

 

このお店は夜は居酒屋として営業されています。

 

ポンコツ@親父も以前に数回、利用させていただいたことがありました。

 

焼鳥とラーメンが秀逸です^^

 

なお、今週のワンコインランチは「牛丼」とのことでした。

 

あとは、定食、ラーメン、丼、カレー・・・ひととおりは何でも対応できそうですね。

 

チョイスしたのは「焼鳥丼」750円

 

 

メニューの画像では見切れいていましたねww

 

左下の丼が「焼鳥丼」です。

 

一口食べると、焼鳥の柔らかさとタレの香ばしさが相まって、食欲倍増ですww

 

ご飯の量は普通で注文していましたが、結構な量があり、満腹になりましたよ。

 

長門市は焼き鳥が有名との事でして・・・

 

市内ではブロイラーによる養鶏業が盛んであり、全国的にも珍しい、養鶏業専門の専門農協(深川養鶏農業協同組合)が存在する。その影響からか、長門市内には焼き鳥店が人口に比べて数多く存在する。三隅地区では養豚業も盛ん。

wikipediaより

 

焼き鳥店が多い要因としては、西日本有数のブロイラー生産量を誇る全国的にも珍しい養鶏専門の協同組合「深川養鶏農業協同組合」の存在があげられます。 また、同組合の銘柄鶏である「長州どり」「長州地どり」など新鮮な鶏肉が手に入りやすいということも大きな要因です。もともと長門市は昔から蒲鉾生産が盛んで、鶏のえさとなる魚のアラが安く潤沢に手に入るという環境も手伝って、この地で養鶏業が盛んになったと言われています。

ながと観光ナビ「ナナビ」より

 

色々調べてみると、「7大ご当地やきとり」の1つと位置づけされていたり、いろいろと話題が出てくる出てくるww

 

時間が取れれば、今度ゆっくりと「長門のやきとり」を堪能してみたいですなぁ・・・

 

ながと本陣

ジャンル:丼物

連絡先:0837-22-3372

住所:長門市東深川960-2

営業時間:11:30~14:00 17:00~24:00 

定休日:日曜日

 

 

 

sponsored link

down

コメントする




プロフィール


ポンコツ@親父

酒をこよなく愛する片田舎に住んでいるポンコツ@親父のブログ。 生活日記とこづかい稼ぎ時々ぐるめ・・・たまに田舎の話。

 

現在の投資額(2018年2月現在)

クラウドバンク:370,000円
クラウドリース:330,000円
maneo:200,000円
みんなのクレジット:300,000円

ソーシャルレンディング計:1,200,000円

WealthNavi:380,000円
THEO:240,000円
楽ラップ:100,000円

ロボアドバイザー計720,000円

スポンサーリンク




アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。