【縁起物】ジョギング中にダブルレインボーを見る!!

日々のはなし
スポンサーリンク

どもです。ポンコツ@親父@xxxtks1969xxxです。

 

正月もひと段落して、そろそろお仕事が始まりそうな今日この頃です。

 

正月間の暴飲暴食を挽回すべく、本日夕方からジョギングをしたところです。

 

と、言いながら・・・今年の目標を履行するって目的もあったのですがww

 

 

走り始めたら雨・・・

 

前途多難ですねww

 

晴れていたので余裕を持ってゆっくり走っていたら、雲行きが怪しくなり雨が降り始めました。

 

比較的弱い雨だったため、直ぐに雨は止んだのですが、雨に関係なくジョギングを続けていたら・・・

 

虹を発見しました!

 

ジョギングを続けていたら・・・視線の先には綺麗な虹が出来ていました。

 

しばらくは気が付かず、何も考えずに走っていたのですが、気が付くとあまりに鮮やかだったので、ジョギングを中断して撮影してみました。

 

 

決して、ジョギングがキツくて息が上がったからではありません(´・ω・`)

 

結果的に画像には納められなかったのですが、虹が半円状となっていて、稀に見る位の鮮やかさでした。

 

さらに走り続けていくと・・・

 

そして、生き絶え絶えでジョギングを続けていたのですが、何となく虹を眺めると、虹が2重に見えるんですよね。

 

目の錯覚かと思いながら走っていても、相変わらず2重の虹が見えています。

 

画像では、分かりにくいかもしれませんが、内側の鮮やかな虹の外側に、うっすらともう一つの虹が見えると思います。

 

以前も見たことがあったのですが、写真に収めたのは初めてでした。

 

そもそも虹は何故発生するのか

 

虹が発生する理由を理解していれば、虹と遭遇する確率も格段にアップします。

虹は雨が止んだ直後か雨が降っていても太陽が出ている時に発生するようです。

空気中の水分が太陽の光に反射した結果、虹になるようですので、雨上がりとかに太陽を背にして空を見上げれば虹が見られる確率が高くなるようです。

 

虹(にじ)とは、赤から紫までの光のスペクトルが並んだ、円弧状の光である。気象現象の中でも、大気光学現象に含まれる。

太陽の光が、空気中の水滴によって屈折、反射されるときに、水滴がプリズムの役割をするため、光が分解されて、複数色(日本では七色とされる)の帯に見える。雨上がり、水しぶきをあげる滝、太陽を背にしてホースで水まきをした時などによく見ることができる。虹色は多色の一つとも言える。

wikipediaより

 

虹が2重に見えるダブルレインボーについて調べてみた

 

ダブルレインボーについて、色々と調べてみたところ、所説あるようですが・・・大まかには『卒業』『祝福』『実現』といったキーワードが含まれているようですね。

 

『卒業』:「今まで頑張ってきた何かが節目を迎え終わりに近づいている」ことを暗示しているとのこと。

 

『祝福』:「これから幸せなことがやってくる」という暗示のようです。

 

『実現』:「進むべき道で悩んでいる人には『あなたの信じる道を進んでいくことで、あなたの世界は開けてきます」という暗示のようです。

 

なお、ダブルレインボーが架かっている間に願い事を唱えると願いが叶うとのことのようです。・・・(´・ω・`)

 

願い事を唱えると願いが叶う・・・

 

とのことです。まったく、知りませんでしたww

 

再び、ダブルレインボーを見ることがあれば、願い事を唱えてみよう・・・

 

って、その瞬間に思い浮かばないからなぁ・・・

 

とは言え、「ダブルレインボー」という単語も意味も知ることが出来たので、これはこれで良しとしましょう。

 

今年は何かいいことがあるような気がしていると・・・思い込むようにしてみますww

 

おしまいっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。