【資産運用】みんなのクレジットが新たに2社を提訴しましたね。また、12月の償還についても・・・

お金のはなし

どもです。ポンコツ@親父@xxxtks1969xxxです。

 

12月20日にみんなのクレジットが株式会社テイクオーバーホールディングスと役員に対して訴訟を提起しました旨をHP上で報告がなされましたね。

 

その後の情報が流れてこない旨を綴ったのですが・・・

 

 

昨日、みんなのクレジットのHP上に「株式会社ブルーアート社及び株式会社らくらくプラスに対する提訴のお知らせ」が表示されていました。

 

とりあえず、お知らせの内容については以下のとおりでした。

 

株式会社ブルーアート社及び株式会社らくらくプラスに対する提訴のお知らせ

弊社は、12月27日、東京地方裁判所に株式会社ブルーアート及び株式会社らくらくプラスに対する貸付金返還請求訴訟を提起いたしました事をご報告申し上げます。
両社は、弊社の貸付先あると共に、甲(株式会社テイクオーバーホールディングス(旧株式会社ブルーウォールジャパン)の子会社であり、12月14日に株式会社テイクオーバーホールディングスへの提訴に倣ったものとなります。

 

文面から、前回融資先の会社と連帯保証人を提訴したことに倣い、今回は融資先会社の子会社への提訴であり、訴訟の目的は貸付金の返還請求としています。

 

そのまま読み込むと、そのままです。

 

この一文以上の情報はありません。

 

前回も綴りましたが、みんなのクレジットに関連する一連の騒動のおかげで、最近は素直に文面を読めず、その裏側についても考えてしまっています。

 

まず、貸付金の返還請求訴訟とありますが、素直に読むと全額ですが、全額とも書かれていません。

 

貸付金の(一部の)返還請求訴訟でないことを祈るしかないですね。

 

また、前回の提訴に倣うとありますが、なぜ前回の12月14日に融資先の会社と同時に提訴せず、約2週間後に提訴したのでしょうか??

 

疑問が解けるのは、全てが終わった後なのでしょうかね。

 

もしかすると、終わっても藪の中かもしれませんけどね。

 

手元にある情報はこれだけです。

 

そうなんですよね。これだけなのです。

 

前回同様に、みんなのクレジットのHP上にある2~3行の文字しか情報がないのです。

 

融資先、融資先の子会社、連帯保証人に対し、どの程度の貸付金の返還請求訴訟なのか?裁判の時期はいつ頃なのか??

 

HP上でのお知らせが出された以降は全く情報がありません。

 

訴訟提起の内容や裁判へのスケジュールなどは、どうなっているのでしょうね??

 

同日付で「12月の償還のお知らせも」・・・

 

みんなのクレジットのHP上には同日付で「12月の償還のお知らせ」が出ていました。

 

本日12月28日に償還期日を迎えました37号、43号、52号、63号、73号及び87号の

【第一案件】及び【第二案件】は未償還となりました。

 

 

内容に関する感想は特にありません。( ´_ゝ`)フーン

 

正確にはタイトルは「12月の未償還のお知らせ」ですけどね・・・って突っ込んでみたくなりますがww

 

まとめ

 

併せて、HP上で示されていますが、みんなのクレジットは12月29日から1月5日まで休業になり、年明けの営業は1月9日からのことです。

 

12月上旬にみんなのクレジットへ送った質問について、未だに回答がありません。

 

各方面から問い合わせが殺到しているのでしょうかね?・・・って、回答が必ず来るって確約されたものではありませんがww

 

とりあえず、今年中のソーシャルレンディング全般に関する償還等の総括をどうしようかと思っていましたが、みんなのクレジットからのお知らせで、あきらめて総括作業に入ることとしましょう。

 

みんなのクレジットのおかげで、なかなか波乱にとんだ一年でしたね。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。